忍者ブログ
  • 2018.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2018.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/02/22 06:09 】 |
簡単に目が良くなる方法



病院では「視力回復の見込みがない」といわれ、レーシック手術しかないと覚悟を決めていたとしても、
目の周りを鍛える簡単なトレーニングで、みるみるうちに視力を取り戻すことができる治療法がこちら










あなたも、↓の中に思い当たることがあるかもしれませんが、





視力が下がり続けて止まる気配がない

メガネやコンタクトは面倒だけど手放せない

小学生のころから近視になり、とても不便

ゲームをやり過ぎたことを後悔している





視力を低下させている要因の「眼筋の機能低下」と「筋肉の硬直化」を改善すれば、

6か月もしないうちに↓のようになることができます。







遠くまではっきり見えるようになる

コンタクトのケアから解放される

レーシックのような手術をうける必要がなくなる

これ以上視力が下がったら、、という不安から解放される








徳永貴久さんの徳永式視力回復法は、レーシック手術のように体に負担をかけることもないし、

病院で処方される点眼薬を使い続けるといった方法とはまるで違い、

自宅で簡単にできるマッサージ・トレーニングを実践していくことで、視力をアップさせていく方法です。


徳永さんはちなみに、長崎綜合療術院院長としてこれまで20年以上も、視力回復指導を行ってきた人で、

治療した患者数はすでに1万人を超え、視力アップ成功率もなんと9割以上を誇っています。


ちなみに、こうした実績が評判となって出版した「マジカルアイ」という3Dブックは、

累計で300万部を超えるベストセラーとなっているので、あなたもこちらの書籍は見たことがあるかもしれませんね。
徳永先生の詳細なプロフィールはこちら








徳永貴久先生の徳永式視力回復法は、

マニュアルを見れば誰でもすぐに実践できるほど簡単な内容となっていて、

特別な機材を使うこともないし、体力を必要とするトレーニングをするわけでもありません。




指をちょっと動かせる程度の余裕があれば、どこでもすぐに視力回復トレーニングができるため、

電車に乗りながらや仕事の合間などでも、十分に実践していくことができます。




具体的な治療方法については、詳細がこちらにありますので、

ここではポイントをいくつか紹介すると、







やってはいけない目の使い方

ディオプトリーの確認法とは

疲れ目改善、老眼の予防など様々な効果のあるステレオグラムについて

ステレオグラムのありとあらゆる相乗効果








こういった内容となっていて、

目の疲れをとるための視力回復マッサージも紹介されています。







徳永貴久先生のホームページには、実際に徳永式視力回復法を実践してみた人たちの体験談が紹介されています。





以前はぼやけていたものが次第にはっきりと見えるようになってきました

今では 黒板の字が見やすくなって とても嬉しいです

もっと早くトレーニングをしていれば、良かったです。

徳永先生のトレーニングで1.2まで回復できました。






彼らの声にあるように、

視力を回復させるには、

・緊張で硬直した眼筋をほぐすこと

・遠くを見るための筋肉を鍛えなおすこと



の2点が重要で、それさえ実現できれば、手術のような後遺症・合併症リスクの高い手段を選ぶ必要はありません。



あなたも、自分の体に何の負担を強いることなく、健康的に視力を回復させることができます。









成功率90%以上で、近視、乱視問わずどんなケースでも視力を回復してしまう徳永式視力回復法を実践してみるにはこちら










サッカードリブル
ゴルフ7日間シングルプログラム
難聴改善
PR
【2012/02/27 08:07 】 | 目が良くなる 絵本
| ホーム |